【乃木坂46】橋本奈々未(ななみん)の卒業前最後のメッセージ

橋本奈々未

本日2017年2月20日から3日間、乃木坂46の橋本奈々未(ななみん)の卒業コンサートがさいたまスーパーアリーナで行われる。

乃木坂46 5th YEAR BIRTHDAY LIVE ~橋本奈々未卒業コンサート~

2月20日は橋本奈々未の誕生日であり、この記念すべき日に、彼女は乃木坂46での5年半もの活動に幕を閉じる。

5年前、初めて乃木坂46を見た時に、「めちゃくちゃ可愛い子がいる!」と思って、推そうと決めたのを今でも覚えている。卒業してしまうのは本当に寂しい限りだが、芸能界を引退して新たなスタートを切る彼女の、これからの幸せをただただ願うばかりである。

ここでは、橋本奈々未(ななみん)が各番組最後に残したメッセージをまとめて紹介していきたい。

NOGIBINGO!でのメッセージ

『NOGIBINGO!』の最後の出演は、2016年11月29日(火)放送の「妄想リクエストseason7」であった。

最後の言葉は、妄想カメラマンに向けた以下の言葉。

KEYABINGO!をやっていて、その中で志田愛佳ちゃん推しだって・・・。

結局、妄カメはななみん推しということがわかって一件落着したのだが、特に卒業メッセージなどはなかった。ちなみに、NOGIBINGO!7への出演はこの1回のみである。

乃木坂46SHOWでのメッセージ

『乃木坂46SHOW』の最後の出演は、2017年2月18日(土)放送の「卒業を控えた橋本奈々未大特集」であった。

最後の言葉は、番組最後のメッセージボードに記された以下の言葉。

今まで応援してくださって本当にありがとうございました!私も前に進み頑張るので、皆さんにとっての良い思い出になれたら嬉しいです。皆さんにたくさんの幸せが届きますように。

テレビ最後の披露となった「サヨナラの意味」も含めて、ななみんファンにとっては永久保存の放送回となった。

乃木坂工事中でのメッセージ

『乃木坂工事中』の最後の出演は、2017年2月20日(月)放送の「自分史上最高顔・最低顔 高低差グランプリ」であった。

最後の言葉は、番組最後に本人の肉声で伝えられた以下の言葉。

最後にみんなとこうやって、わちゃわちゃ笑って収録ができてよかったなと思います。それと、明日ライブに来て下さるみなさんもたくさんいらっしゃいますが、多分来れない方達もたくさんいらっしゃると思うので、多分そういう方にこうやってお会いする、画面越しにでもお会いするのはこれが最後だと思います。ええ…本当に、うん?、5年半近く?たくさんの声援と応援をいただいて、本当に嬉しかったですし、それがあったから今ここにいれると思います。本当に皆さんありがとうございました。これから私も頑張りますので、皆さんも幸せに過ごしてください。ありがとうございました。

番組内では、ななみんがやり残した「ボードゲーム部」の企画をやったり、視聴者に向けたメッセージもしっかり尺を取っていたりと、さすが乃木坂46の初代ホーム番組といった感じであった。

最後の握手会でのメッセージ

番組ではないが、2017年2月5日(日)に最後の握手会があった。

そこで最後に送られた本人の言葉がこちら。

握手会が終わりました。5年前の2月22日に「ぐるぐるカーテン」がリリースして、そこから握手会が始まりましたけど、約5年間、握手会を真面目に続けてきて、いろんなたくさんの方と今日のようにお話させてもらって、直接いろんな声を聞ける機会をいただけるのは、なかなか人生生きてきて無い経験だなと今振り返って改めて思います。(中略)本当に5年間ありがとうございました。さようなら。

「さようなら」のサラッとした終わり際は、いかにもななみんらしいラストであった。

本当のラストは、冒頭でも述べたように、今日から3日間行われる卒業ライブなのだが、あいにく私は行けないので残念でしょうがない。ライブ会場に行っている人は、最高の舞台になるよう、共に楽しんできてもらいたいと思う。

5年半もの間、本当にお疲れ様でした。思い出をありがとう。

スポンサーリンク