48&坂道グループのアイドルが歌うテンションの上がる良曲7選

アイドルが歌うテンションの上がる曲

アイドル戦国時代の現在において、アイドルがバラエティやドラマといった番組に出演するのはもはや当たり前のこととなった。しかし、どれだけテレビ出演が増えようとも、アイドルの本業は「歌と踊り」であることは疑いようのない事実だろう。

ここでは、48グループ(AKB48、SKE48、NMB48、HKT48、NGT48)と、坂道グループ(乃木坂46、欅坂46)に属する各グループについて、特にテンションの上がる良曲を紹介してきたい。なお、管理人がミーハーなのと、紹介用の動画の関係から、有名曲が多くなっているが悪しからず。

LOVE TORIP / AKB48

やはりアイドルと聞いてAKB48は外せないが、AKB48の中でも一番好きでテンションのあがる曲が、この『LOVE TORIP』だ。一応、『大声ダイヤモンド』のあたりからファンをしており、今までは『言い訳Maybe』が一番好きな曲だったのだが、この曲のワクワク感がそれを越えていった。サビ直前からサビ終わりまでの流れが秀逸で、こんなにテンションの上がるサビ曲はなかなか無い。MV効果もあって、聴いているだけでニヤニヤしてしまう、そんな良曲だ。

12月のカンガルー / SKE48

SKE48の中で、個人的に最もテンションの上がる曲がこれ。『オキドキ』とも迷ったのだが、公式MVが無かったのでこちらに決めた。宮前&りょうはたんのWセンターというのも新鮮で、衣裳やダンスも可愛く、MVを見ているだけで楽しくなってくる。

北川謙二 / NMB48

NMB48は1曲に決めるのが本当に難しかった。『ナギイチ』や『カモネギックス』、『僕らのユリイカ』や『ドリアン少年』など、テンションの上がる曲が目白押しで、48グループの中では、一番ノリの良い曲が多いグループなのではないだろうか。北川謙二は曲のノリの良さもさることながら、なんと言っても歌詞が良い。大好きな君が前に付き合ってた彼氏(北川謙二)に対するライバル心を歌った歌詞には、共感できる部分も多く、曲の中でしっかりストーリーが展開していくので、聴けば聴くほど好きになる良曲だ。ちなみに、衣裳と踊りもめちゃくちゃ可愛い。

初恋バタフライ / HKT48

HKT48というと、この曲のイメージが非常に強い。まだデビュー前の曲だが、HKT48メンバーの初々しさと、サビのカッコよさのギャップがたまらない。途中、「ほら~」からリズムが大きく変わり、そのままサビに移行する流れは秀逸。衣裳が可愛らしすぎて、指原が着ているとちょっと厳しいものがあるが、全体的に可愛く仕上がっている。アイドルらしさと、ノリの良さを合わせ持った神曲と言えるだろう。MVは前段のドラマシーンが長いので、2分辺りまで飛ばすと良い。

Maxとき315号 / NGT48

NGT48は現時点でオリジナル曲がこれしかないが、リクエストアワー2017で第1位に輝くなど、なかなかの良曲だ。テンションが上がるかと言われると微妙だが、これしかないのだから仕方がない()センターはてっきり加藤美南がやるものだと思っていたが、まさかのオカッパちゃんだったのには驚いた。最近めっきり露出が減ってしまったが、また見たいと思う今日この頃。

裸足でSummer / 乃木坂46

ガールズルールと悩んだが、一番はやはりこれ。あしゅりーの初センター曲だが、夏の雰囲気満載の曲で、ドライブしながら聞くと最高にテンションが上がる。乃木坂46は比較的しっとりした曲が多いので、テンションの上がる曲だと選ぶのが難しかったが、サビ部分で歌詞が波のように押し寄せる感じは気分を高揚させてくれるだろう。

世界には愛しかない / 欅坂46

欅坂46で一番好きな曲。他2曲と違ってメッセージ性は弱いが、ピアノとギターのリズミカルな掛け合いは、聴いていてスキップしたくなってくる心地よさだ。MVでも、薄暗い校舎から広い草原へ移りかわるなど、開放感が感じられる作りになっていて、曲のイメージとよく合う。願わくば、メンバーがもっと笑顔だったら最高だったのだが。4作目あたりで、超ポジティブな曲が来ることを期待している。

以上、各グループ1曲ずつの計7曲を紹介した。

多分に個人の趣味が入っているが、あらためて聞いても良曲ばかりだ。これらの曲に元気をもらいながら、明日も一日頑張ろう!

スポンサーリンク