【乃木坂46】伊藤理々杏は乃木坂46のエースになる逸材だ!

沖縄弁を披露する伊藤理々杏

4月3日放送の『乃木坂工事中』に乃木坂46の3期生メンバーが初出演した。

山下美月や大園桃子といったエース格が登場する中で、一際目を引いたのが伊藤理々杏(いとうりりあ)ちゃん

将来は乃木坂46のエースに登り詰めるであろう(と私が思っている)理々杏ちゃんの注目ポイントについて解説していきたいと思う。

美しすぎるルックス

まずお伝えたしたいのがそのルックス。

乃木坂46の超絶美少女として知られる齋藤飛鳥(あしゅりー)に似ていると言えば、その美しさがわかって頂けるだろうか?

そう・・・

 

ルックスだけでセンターレベル!

 

ということだ。

そんな理々杏ちゃんのご尊顔がこちら!

なんて可愛いんだ!

あしゅりーに似ているというのは言いすぎかもしれないが、あしゅりーが18歳、理々杏ちゃんが14歳ということを考えると、4年の歳月で飛び抜ける可能性は十分にあるだろう。

身長も、あしゅりーが154cm、理々杏ちゃんが153.7cmとほぼ同じ。まるで姉妹のようだ。

豊富すぎる特技

次に紹介したいのが豊富すぎる特技の数々だ。

乃木坂工事中の「先輩プレゼンツ!3期生PR大作戦」と題した自己紹介企画の中でも、

沖縄弁

バトントワリング

芦田愛菜のモノマネをするやしろ優のモノマネ

と実にバラエティに富んでいる。

美しすぎるルックスに飽き足らず、これだけの特技も持ち合わせているとなれば、もはや強化版あしゅりーと言っても過言ではないだろう。

それは言い過ぎでは!?

立派すぎる振る舞い

最後に最もエースの風格を感じたのがその振る舞いだ。

他の3期生が初出演でドギマギするなか、笑顔を絶やさずにハキハキと喋る様は非常に好印象であった。

乃木坂46SHOWに3期生が初出演した時にも感じたことだが、理々杏ちゃんは自己プロデュースが上手いと思う。

恥ずかしかったり緊張したりといったことはあるだろうが、その中でいかにアイドルとしての自分を作れるかというのはエースにとって重要な能力だろう。

まだ若干14歳なのに、どうしてこれだけしっかりしているのだろう?と思ったら、どうやら幼少期からテレビCMに出演していたようだ。

めちゃくちゃ有名なやつ!

彼女のルーツはこんなところにもあったようだ。

乃木坂46の3期生は本当に可愛いメンバー揃いだが、その中でも輝いていってくれることを期待したい。

スポンサーリンク