【坂道AKB】「国境のない時代」での長濱ねるの可愛さと苦悩と

国境のない時代

坂道AKBの第2弾「国境の無い時代」のミュージックビデオ(MV)が公開された。この曲はAKB48の51thシングル「ジャーバージャ Type E」に収録されている。

昨年、初めて結成された坂道AKBだが、好評につきメンバーを一部入れ替えての第2弾発足となった。今回センターを務めるのは欅坂46の長濱ねる。第1弾の平手友梨奈に続き、2作連続で欅坂46のメンバーがセンターを務めている。

ここでは、坂道AKB第2弾のメンバー紹介とミュージックビデオの感想を述べていきたい。

坂道AKB第2弾メンバー紹介

「国境の無い時代」の選抜メンバーは以下の18名。人数は前作「誰のことを一番愛してる?」と同じだが、乃木坂3期生の4人や、けやき坂46の加藤史帆などが新たに加わっている。

AKB48 岡田奈々、岡部麟(初)、小栗有以、向井地美音
SKE48 松井珠理奈
HKT48 宮脇咲良
乃木坂46 大園桃子(初)、久保史緒里(初)、齋藤飛鳥、堀未央奈、山下美月(初)、与田祐希(初)
欅坂46 今泉佑唯、小林由依(初)、菅井友香、長濱ねる、渡邉理佐
けやき坂46 加藤史帆(初)

フォーメーション

坂道AKB第2弾2018のフォーメーション

注目は何と言っても今回センターに選ばれた”長濱ねる”だろう。前回の平手友理奈もプレッシャーが凄そうだと思ったが、欅坂46でセンターを務めていた平手に比べ、センター経験の無いねるが、いきなりこの面子に囲まれるプレッシャーはそれ以上だと思う。

メンバー発表時から予感はしていたが、まさか2作連続でセンターは無いだろうとも思っていたので、ねるがセンターと知った時は嬉しさと驚きが入り雑じった少し複雑な気持ちであった。

ミュージックビデオの感想

前作が「独り占めするためには誰を殺せばいいのだろう?」というセンセーショナルな曲だったのに対し、今作はタイトルからもわかる通りとても平和的な曲。

センターが長濱ねるだからこの曲にしたのか、この曲だから長濱ねるをセンターにしたのかはわからないが、前作とは方向性がだいぶ違っている。

イントロでは、AKB48が「365日の紙飛行機」、乃木坂46が「制服のマネキン」、欅坂46が「世界には愛しかない」の振付を踊っており、この他にも各グループの楽曲の振付がところどころに見受けられる。

歌詞は「同じ時代を生きる仲間じゃないか」といった感じで、前作の「私が一番じゃなきゃ嫌だ」というのとは本当に対照的。そのせいかどうかわからないが、全体的に少し抑揚に乏しく、個人的にはそれほど感情を揺さぶられなかった。

これは別にセンターがどうとか、メンバーがどうとかいう問題ではなく、単純に「誰のことを一番愛してる?」が神曲だったのだと思う。

長濱ねるの可愛さと苦悩と

MVを見ていて特に印象に残っているのが、ラスボスよろしく登場する”ねる”の姿だ。

こんな目立つ登場の仕方ある?と少し笑ってしまったが、とにかく可愛い。フロント他4人のオーラやビジュアルはハンパないのだが、こと可愛さという点においては、ねるも引けを取らない。

実はMV公開直後に、ねるからファンに向けて非常に弱気なメッセージが送られてきていた。自分がセンターで良かったのかという不安が綴ってあり、本人にかかったプレッシャーが容易に想像できる内容であった。

ねるは欅坂46では裏センターを務めることも多いが、やはり1列目と2列目では見える世界が全く違ったのだと思う。ましてやこのメンバーに囲まれていたらなおさらだ。

パフォーマンスに関して言えば、確かに見劣りする点もあったが、これを良い経験と思って一皮むけてくれたら良いなと思う。ねるの可愛さが一線級なのは確認できたし、ここにセンターとしてのパフォーマンス力が備われば最強のアイドルになれるはずだから。

その飛躍の原点がこの作品になると思うし、ファンであればフルバージョンを見ておいて損はないと思う。

スポンサーリンク